上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
去年のこの時期、よくコンサートやらに行っていました。
当たりもありゃぁはずれもありましたが、
一番金がかかったのが「West Side Story」でした。
去年ブロードウェイから来ていたのね。
ミュージカル好きな私としてはぜひ見ておきたい!
というわけで12000円も出してフェスティバルホールまで見に行ったわけです。

ところが、見事に・・・はずれ!!!
きっと、
「ニッポンジンニミュージカルワカラナイヨ~」
みたいなのりでキャストの人が演じていたのでしょう。
時には「げっ!!」みたいなところもありました。
なんていうか、見ているこっちがいたたまれなくなるような・・・
なんかそういうのあるでしょう?
というわけで、ブロードウェイが来ても二度と行くものか!!
と思いました。
新聞でも批評が載っていたから、感じていることは皆同じなのでしょうね。

でも、一曲だけ救いがありました。
“America”というナンバー。
このダンスがもうすごくて!!
キャストのテンションが全然違う!!
こんな風に人が動くことが出来るんだって思いました。
終わったときにはあっけに取られていました!
映画のシーンでよければこちらから↓
http://jp.youtube.com/watch?v=1QS7wWzwak4
特に最後の盛り上がりのところのダンスがぶっとぶほどすごかったです。
映画のダンスも十分すごいけど、
舞台はこれをはるかに凌駕していました。
一生に一度でもこういうダンスを見れたら、ほんとラッキー、て感じです。

「West Side Story」。
きっとオリジナルキャストを越えるものはないんでしょうね。
映画もすごいとは思いますが。
にしても、この作品、後味悪い・・・。
というと誤解を招くかもしれないが、
とても悲しく、やるせない。
そして、何かを突きつけられている気がするのです。
「あなたはどこかで人を殺しているのではないか」
多分・・・そんな感じ。

こういう作品を作れる人たちはなんにしてもすごいなぁとおもいます。
しかし、12000は高いぞ!!
バカヤロー!!

 
スポンサーサイト
2007.11.20 Tue l コタツについて l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://degnity.blog103.fc2.com/tb.php/206-ad18eca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。